「ほっ」と。キャンペーン

タグ:スパークリング ( 7 ) タグの人気記事

粕汁
& VIN MOUSSEUX ROYAL ROYET ROSE
/ Domaine ROYET(10℃)
& 和吉グラス【T-340】
2016. 2.10 自宅にて…

コンソメスープと同じく、複合的なアミノ酸が豊富で、清酒酵母と乳酸菌が生きている酒粕にも好相性のワインです。

d0351396_08563955.jpg


ワイン中の炭酸ガスは美味しい適温を下げ、乳酸はそれを上げます。和吉グラス【T-340】は、2つの相反する要素が美味しく交差する10℃で飲むことが出来ます(多くのフルートグラスでは温く感じてしまう温度です)。

和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
[PR]
by wakichi-koubou | 2016-02-11 08:50 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

鶏モモ肉の塩炒め
& CHAMPAGNE BRUT ESPRIT BLANC DE BLANCS, GRAND CRU / MICHEL GENET(9℃)
& 和吉グラス【T-340】

長ネギ、サツマイモ、ニンニクスライスと一緒に炒めて最後に ほんの少量のバターで風味を付けたおばんざい。サツマイモは無くても良さそうですが、主菜(鶏モモ肉)の美味しい付け合わせになっていて、ミシェルジュネの甘さとも合います。このシャンパーニュの適温9℃はやや高いと思われるかもしれませんが、和吉グラス以外のグラスでも8℃以下になると、美味しい甘味が極端に無くなってしまいます。チーズは18カ月と8カ月熟成のコンテ(チーズ+ワインショップ ランス)。そのものの味は8カ月が好みですが、シャンパーニュと一緒にいただくと18カ月熟成に逆転します。面白いですね!


[PR]
by wakichi-koubou | 2015-08-20 20:09 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

山菜の天ぷら
& S.A CREMANT DE BOURGOGNE, CUVEE PRESTIGE BLANC DE BLANCS / CHATEAU DE LA VELLE(9℃)
& 和吉グラス【T-340】 自宅にて…


山ウド、コシアブラ、タラノメ 等この季節ならではの苦味を持った山菜と最高のクレマン! 僅かに樽醸造した柔らかさが山菜の旨味ともピッタリです。泡にパンチのあるビールも美味しいですが、和吉グラスで飲む極めて滑らかなクレマンのムースは格別です。この季節ならではのマリアージュです。是非お試しください!


[PR]
by wakichi-koubou | 2015-05-24 19:08 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

タラバ蟹+バター
& S.A CHAMPAGNE BRUT ESPRIT BLANC DE BLANCS, GRAND CRU / MICHEL GENET(10℃)
& 和吉グラス【T-340】自宅にて…

タラバ蟹+オリーヴオイル+レモン & BERGERIE DE L'HORTUS CLASSIC BLANC は多くの方から歓びの声を頂いていますが、この組み合わ せも至福のマリアージュです。タラバ蟹はバターがゆっく り溶ける程度に温めて(今回は電子レンジで数十秒)塩少 々と常温にしておいた無塩バターを少々乗せます。ミッシ ェルジュネさんの柔らかく澄んだ旨味のブランドブランと最高の相性です。※泡が抜けにくい和吉グラスはシャンパーニュ本来の滑らかで豊かなムースを長時間味わうことが出来ます。


[PR]
by wakichi-koubou | 2015-02-16 19:03 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

苺のショートケーキ
& S.A CREMANT DE BOURGOGNE / Domaine ROYET (9℃)
& 和吉グラス【T-340】 ー 場所: 自宅

バニラエッセンスはスポンジ生地に少し使われている程度なので シャンパーニュよりスッキリしたロワイエさんのクレマンドブルゴーニュが良く合います。ガメ種がメインのロゼも美味しそうです。和吉グラスでも泡立ち続ける豊かなムースが 生クリームだけでもアテになります


[PR]
by wakichi-koubou | 2014-12-27 18:55 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

自家製イクラ
& CREMANT DE BOURGOGNE BRUT BLANC / Domaine ROYET(9℃)
& 和吉グラス【T-340】 ー 場所: 自宅

ピノノワール40% シャルドネ30% アリゴテ30%。大変に爽快で繊細です。これもガスは全く抜けていないので大変にパワフル、と言いますかこれがスタンダードクォリティーです。瑞々しいリンゴを丸かじりしたような酸味とジューシーさで、最高のアペリティとなりますが、今は無き?クリームたっぷりのフランス料理が食べたくなるシャキッとした味わいです。また、トリシェディディさんのシャンパーニュでも試しましたが、自家製のイクラとも良い相性です。キャヴィアとシャンパーニュはご馳走と言われ、イクラとシャンパーニュは合わないと言うことになっているのになぜでしょう? 料理とワインのマリアージュは無限です。美味しくなるのも不味くなるのも合わせ方次第です。マリアージュは料理に使った調味料、または添える調味料ひとつでまるで違った相性になります。殆ど醤油を使わずに漬けたイクラと鮮度をちゃんと保っているシャンパーニュは口の中で生臭くならずに美味しくいただけます。


[PR]
by wakichi-koubou | 2014-12-01 14:33 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

松茸のバターソテーとプレットのテリーヌ
& S.A CREMANT DE BOURGOGNE BRUT BLANC / CHATEAU DE LA VELLE(8℃)
&【T-340】ー 場所: 自宅


[PR]
by wakichi-koubou | 2014-08-13 14:22 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

美味しさの基本は調和から…


by 和吉工房