タグ:和吉グラス【T-340】 ( 64 ) タグの人気記事

#牡蛎フライ &
2012 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN BLANC / A.C BORDEAUX &
和吉グラス【T-340】

レモンもタルタルソースもこのワインには必要ありませんでした。濃厚な牡蛎の旨味と衣の香ばしさが更に引き立ち、ワインにも甘味が増す幸せなマリアージュです。
d0351396_09472031.jpg
美味しい適温は 12℃、グラスは樽形。A.C アントルドゥーメールのレストリーユの適温は 9℃、グラスは風船形ですから、乳酸発酵の有無だけではそのワインに適したグラスの選択は難しいです。#lestrille


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-17 05:43 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
湯豆腐に野菜を加えて醤油少々、あっさりした美味しい鍋です。酸味も渋味も穏やかで、ダシの邪魔をしないワインが欲しい時にギレムのピノノワールはとても便利です。バターや黒コショウ等のトッピングをしなくても大丈夫です。
d0351396_18583459.jpg
白く混濁する澱と黒い砂状の澱は廉価なデイリーワインにもあります。この澱がグラスに入ると香りも味も濁ってしまいます。
d0351396_18594171.jpg

d0351396_19004622.jpg

#湯豆腐 +野菜鍋
2014 TERRASSES DE GUILHEM, PINOT NOIR #moulindegassac & 和吉グラス【T-340】










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-11-06 22:01 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

この年はメルロー種100%、ねっとりした肉厚な果実味にもようやく熟成感が出始めました。赤身部の旨味がしっかりしている牛肉は、ローヌでもブルゴーニュでも美味しいですが、ボルドー以上の相性にはなりません。レフォール(西洋山葵)、黒コショウ、タレ、何れも引き立て合います。先日、某レストランにて容量800mlを超える「ボルドー」と呼ばれるグラスでこのワインを飲みましたが、味の輪郭が淡く 熟成が進んだ精力に欠ける印象でした。大きなグラスは見た目のゴージャス感とは異なり、味は薄くボヤけた印象になる傾向があります。





d0351396_10483236.jpg
#ローストビーフ
2010 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN / A.C BORDEAUX SUPERIEUR
#chateaulestrille
和吉グラス【T-340











[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-22 05:49 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

ムルソーの1級 LES CHARMES の東、LES BASSES GOUTTES のアリゴテ。発酵も熟成もステンレスタンクとは思えない柔らかさとふくよかさで、たっぷりした旨味と高級感すらあります。

ミネラル感豊かなブルゴーニュの白は、生姜ととても良く合います。ソーセージは生姜をたっぷり練り込んだシュタットシンケンさんのイングワブルスト。付け合わせの茹でたジャガイモは、少量のバターを乗せてレンジで再加熱。これがマリアージュを更に引き立てます。

d0351396_11470303.jpg

まだ新しい2014年の白(アリゴテ)ですが、極小の澱と結晶化し始めた酒石が有ります。この程度はグラスに混ざっても大きな影響はありませんが、この部分だけを口にすると美味しくはありません。どんなワインも丁寧に扱い、ワインの状態を常に知っておく為にも和吉板は必需品です。

d0351396_11483620.jpg

#ソーセージ
2014 BOURGOGNE ALIGOTE #chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/
※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y













[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-11 06:00 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
この生産者のワインはデイリーなコートデュローヌでも 熟したねっとり感と引き締まったミストラル感があります。和吉グラス【T-340】は、この二つの「感」をバランス良く味わえます。特に後者は大事です。
d0351396_13485023.jpg

甘くトロッとした旨味のビーフシチューに黒コショウを沢山かけると南ローヌのスパイシーさが更に美味しくなります。

#ビーフシチュー
2015 COTES DU RHONE ROUGE #amouriers
和吉グラス【T-340】

d0351396_13502163.jpg
d0351396_13505285.jpg

※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/
※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y








[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-08 05:51 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
花振るいが多く、成長がゆっくり進んだ2013年。濃密でリッチな年ですが 容量が500mlを超えるワイングラスや付け脚製法のグラスでは、綺麗な酸味が減衰して重たいヴィンテージに感じるでしょう。和吉グラスは最後の一口までフラットな香味バランスが崩れず、まだ何年も楽しめる体力を備えていることが判ります。

和吉板で丁寧に注ぐと 綺麗な酒石の周りにクリーム状の澱が僅かに残りますが、普通はワインに混ざってしまい微妙に味わいを濁しています。
d0351396_11210501.jpg

栗のような甘い香りの #シュタットシンケン さんの焼豚と トウモロコシのような甘い香りの山形鶴岡のダダチャ豆。三位一体のマリアージュです。

焼豚とだだちゃ豆
2013 POUILLY-FUISSE, LA ROCHE #manciatponcet
和吉グラス【T-340】



[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-06 06:17 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)


スズキのムニエル、なるべく小さめのテフロンでなるべく少な目のバターで焼くと上手く出来ます。ニンニクも一緒に焼いて香りを付け、最後に醤油をほんの少々。このクレマンの美味しい適温は 9℃。7℃では台無しです。

d0351396_09492319.jpg

スズキのムニエル
CREMANT DE BOURGOGNE, CUVEE PRESTIGE
#chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/
※ WAKICHI GLASS Topics http://wakichi.exblog.jp










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-07-10 07:49 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
グリーンアスパラが太くなってきました。タケノコはそろそろ終わりでしょうか。どちらも熱々のうちにバターを乗せて、クレマンドブルゴーニュと。
d0351396_07340068.jpg

最近はシャンパーニュを樽形グラスで供されるお店が増えてきました。真っ当だと思いますが、今までのフルートグラスへの理屈や賛美は何だったのか?とも思っています。グラス内での泡立ち(炭酸ガスのロス)については未だ議論を耳にしませんが、いずれ和吉グラスのように滑らかで泡立ちの少ないグラスが主流になるでしょう。

グリーンアスパラとタケノコご飯
CREMANT DE BOURGOGNE, CUVEE PRESTIGE #chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】

※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2017-05-25 07:40 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ゴーヤーがスーパーに並ぶ季節になりました。今日はゴーヤーチャンプルー。料理の色や豚肉からイメージするとワインは白でしょうか?
d0351396_13244278.jpg
この料理に使う調味料によりますが、オリーヴオイルや酢、レモンをプラスしても美味しければ白も良いかもしれません。ラー油や唐辛子をプラスしても美味しそうであれば赤の方が合います。酸味も渋味も柔らかいテラスドギレム赤を選びました。2015年はとてもフルーティーですが、過ぎることもなくあっという間に空いてしまいました。白でも悪くはありませんが、ボトルが空くまでにはもう少し時間が掛かるでしょう。

ゴーヤーチャンプルー
2015 TERRASSES DE GUILHEM ROUGE #moulindegassac
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-05-19 06:17 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
4/25はオリーヴオイルで炒めてテラスドギレム白と。4/27はバターで炒めてアリゴテと。使う油(脂)を替えれば料理の味は変わりますが、ワインの味も変わります。食材、調味料、料理法、マリアージュを一番左右するのは調味料です。
d0351396_07350636.jpg
d0351396_07360984.jpg
乳酸菌発酵していないラングドック地方の白テラスドギレムと、乳酸菌発酵しているブルゴーニュ地方の白アリゴテは全く異なるタイプのワインですが、香味バランスが調うグラスは、形も大きさも同じ【T-340】です。

筍と豚肉の炒めもの
2015 TERRASSES DE GUILHEM BLANC
#moulindegassac
2014 BOURGOGNE ALIGOTE
#chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/












[PR]
by wakichi-koubou | 2017-04-29 07:38 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)