ゴーヤーがスーパーに並ぶ季節になりました。今日はゴーヤーチャンプルー。料理の色や豚肉からイメージするとワインは白でしょうか?
d0351396_13244278.jpg
この料理に使う調味料によりますが、オリーヴオイルや酢、レモンをプラスしても美味しければ白も良いかもしれません。ラー油や唐辛子をプラスしても美味しそうであれば赤の方が合います。酸味も渋味も柔らかいテラスドギレム赤を選びました。2015年はとてもフルーティーですが、過ぎることもなくあっという間に空いてしまいました。白でも悪くはありませんが、ボトルが空くまでにはもう少し時間が掛かるでしょう。

ゴーヤーチャンプルー
2015 TERRASSES DE GUILHEM ROUGE #moulindegassac
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-05-19 06:17 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
「VIN BIO」「AB」「FR-BIO-01」、自然酵母で発酵させていますが、腐敗臭や酸化臭とは無縁で、ローヌらしいしっかりした果実味が生々しい地酒です。定価 1,800円でこんなに味わえるドメーヌワインはありません。和吉グラスは、ワインの価格によらず味の輪郭がボケません。グラスに残った最後の一口の味が薄くなるのは、多くの場合ワインの実力ではなく、グラスの実力です。
d0351396_08204858.jpg

料理は、味噌風味に鳥モモ肉を焼いた鍋に、キャベツを加えて蒸し煮にしました。仕上げは一味唐辛子。お味噌も唐辛子もローヌ以南の赤ワインにとても良く合います。
d0351396_08223464.jpg

澱はまだ微量ですが、舌にザラつくものが残ります。
d0351396_08230666.jpg



鳥モモ肉とキャベツの味噌風味 焼き蒸し
2014 SUZANNE IGP VAUCLUSE / Domaine des #amouriers
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-04-19 08:25 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ワインの香りは液面から放たれ、鼻が香りを捉えるグラス最上部の飲み口までの間で変化します。(特にスワリング時にグラス内側の面と接したワインは短時間で酸化するため(良い香りも含む)、グラス空間部の容積と形状はワインの印象に大きく影響します) また、口に入れた食べ物や飲み物の香りは口内から鼻に抜ける時にも感じています。
d0351396_13340220.jpg

この、鼻から入ってくる香りと鼻に抜ける香りの印象が違い過ぎると違和感が出てしまい、違いが無いと退屈に感じてしまいます。和吉グラスは、若いワインから熟成の進んだワインまで、それぞれの熟成年数に見合う香りを感じられるように設計しています。

和吉グラス(右)と他社品(左)に ワインを80mlずつ注いだ時のワイン液面の直径(表面積)はほぼ同じですが(ガラスの生地も同じです)、香りの印象はかなり異なります。和吉グラスの香りはまだ若く溌剌としていますが、左のグラスは新樽を使ったワインに感じる黒砂糖の香りが強く、熟成が少し進んだ印象です。これはとても良い香りですのでこのメーカーの愛用者が多いのは理解出来ます。和吉グラスの場合はワインが空になってから数分経過するとこの香りが出てきます。
d0351396_13352355.jpg

試飲したワインは雹害が酷かった 2012年のブルゴーニュ ルージュ(フォンテーヌ ガニャール)。シャサーニュ村とヴォルネ村のブドウで、バランスが良く、産地の魅力に溢れています。生産量は激減ですがとても質の高いワインです。



※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-04-13 06:30 | ■ 様々なワイングラスの是非賛否 | Comments(0)
ピノノワールでも樽形グラスの方が複雑味を楽しめる典型的な例です。ブルゴーニュに倣う必要は無く、少しでも多くの香味を発見出来るグラスを選択した方が得です。

d0351396_06062977.jpg

渋味も酸味も優しいテラスドギレムのピノノワールですが、ウィラメットバレーの記憶が鮮明な舌には、タンニンとは違う収斂性を感じます。フランスの味わいです。

d0351396_06070633.jpg

ワインに合わせる為の調味料は使わない普通の和ダシの鍋にする時は、ブタ肉が一番オールマイティーです。


ブタ肩ロース肉と豆腐と九条ネギの鍋
2014 TERRASSES DE GUILHEM, PINOT NOIR / MOULIN DE GASSAC
和吉グラス【T-340】



※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/>
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2017-04-07 06:04 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
樽香が目立たず、酸味豊かで淡い旨味のピノノワールは日本の家庭料理によく合います。今日の献立はお刺身と湯豆腐。お刺身はレモン醤油、湯豆腐は鰹節と生姜を浸した醤油で。どちらも生臭みが出ないでサンセール赤を美味しく飲めます。
d0351396_19585440.jpg

ロワールやアルザス地方の繊細なピノノワールは飲み方を間違えると、薄くて酸っぱいだけの味わいになりがちです。特にワイングラスの選択は重要です。樽形グラスに注ぐことはないと思いますが、風船形でも容量は【F-400】の400mlが最大ではないでしょうか。

2014 SANCERRE ROUGE, MAULIN BELE / ANDRE VATAN & お刺身(レモン醤油) &
和吉グラス【F-400】

※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-03-23 19:54 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
No81 牛モモ肉のステーキ
2009 CHATEAU LESTRILLE ROUGE / A.C BORDEAUX SUPERIEUR
和吉グラス【T-340】
d0351396_12534654.jpg
d0351396_12551747.jpg
d0351396_12554039.jpg



まろやかになり始めたメルローと牛赤身肉のマリアージュは至福の甘さです。フライパンにサラダ油を薄く塗って、牛モモ肉は塩コショウだけ、焼き上がる直前に風味付け程度のバターを溶かしました。肉を焼いた後の熱々のフライパンに茹でたノラボウ菜を入れ、残った肉の風味を絡めて付け合わせに。

とても綺麗に熟成が進んでいる2009年のシャトー レストリーユ赤。定価2,200円とは思えないブーケに風格さえ感じます。


固まっていてくれる澱と舞い易い澱が混ざっていて濃厚な澱ですが、最後まで慎重に注げば澱そのもの20ml程度を残して澄んだ状態で味わえます。グラスに入っているのが舞い易い澱。ビン底に残っているのが重い澱。2017.3.22










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-03-22 12:50 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
イカの味噌漬け焼き2014
TERRASSES DE GHUILEM ROUGE / MOULIN DE GASSAC
和吉グラス【T-340】
d0351396_12191885.jpg

香ばしく焼けたお味噌とテラスドギレム赤はとても良い相性ですが、今日は近所の魚屋さんで買ったイカの味噌漬け。これが美味しくて飲み過ぎてしまいます。イカ160円、ワイン1,000円程。リーズナブルです。2017.3.30
#moulindegassac









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-03-20 12:33 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
酸味と渋味がはっきりして果実味の淡いピノノワールほどグラスに澱が入ると繊細な旨味がザラついてしまいます。このヴィンテージのこのワインが顕著です。和吉板と和吉グラスの性能がとても良く解るワインでもあります。
d0351396_09193586.jpg
d0351396_09193953.jpg
濃厚な果実味や力強い渋味のピノノワールではないので、料理は鶏挽肉や厚揚げのサラッとした油脂でも美味しく合います。

里芋と厚揚げの鶏ひき煮 & 2010 SAVIGNY-LES-BEAUNE / CHATEAU DE LA VELLE & 和吉グラス【F-400】 2017.1.21 自宅にて。










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-01-24 06:16 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
豚団子鍋
& 2009 MARSANNAY ROUGE / Domaine TRAPET
& 和吉グラス【F-400】

ニンニクは多くのワインをとても美味しくする薬味です。今日はスープと団子にも入れました。小皿に取ってから好みの量で黒胡椒を。更にバターを少々溶かすと相性がアップします。

このワインの畑の表土にも赤土が混ざるのでしょうか、美味しい鉄分を感じます。一口目から濃密ですが、杯が進むほど濃縮感は増します。滲みの無い香味の輪郭は和吉グラスならではですが、このワイン本来のものです。お鍋とストーブの近くで液温が上がっても、味わいの温度感はヒンヤリを保っています。これはグラスの味覚的な性能です。
2016.11.28
d0351396_06064768.jpg









[PR]
by wakichi-koubou | 2016-11-29 06:02 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
麻婆茄子
& 2014 TERRASSES DE GUILHEM / MOULIN DE GASSAC
& 和吉グラス【T-340】(17℃)
d0351396_03112846.jpg

テンメンジャン、トウバンジャン、醤油、ニンニク等の辛旨系の調味料は、ラングドック産赤ワインとよく合います。花椒(ホワジャオ)を利かせるとソーヴィニヨンブランとの相性が増します。家庭料理で楽しめるお薦めマリアージュです。

<2016.10.9>自宅にて
[PR]
by wakichi-koubou | 2016-10-09 23:07 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)