[その3] ワイングラスは大きいほど香りが溜まるのか?

大切なのは溜まる香りの質(バランス)です…

d0351396_18064499.jpg

グラスが大きいほど注がれたワインの液面は広がりますので酸化も早く進みます。ワインの液面から放たれた香りは鼻に届くまでの時間(または距離)で変化します。液面近くの香りは果実のフレッシュさに満ちていますが、液面から離れるほどそれは薄れてアルコールと熟成のニュアンスが強まります。800mlを越える超大型のグラスに数十mlほど注いだワインは 甘くボリュームがある半面、輪郭と密度感はソフトな印象になります。またワインは他の物質(例えばグラス)に触れる面積が広いほどその影響を受けますので、グラスの質量は小さいほど歪みの少ない香味を保てます。ワイングラスは大き過ぎても小さ過ぎても 質(バランス)の良い香りは溜まりません。











[PR]
by wakichi-koubou | 2014-07-20 07:02 | 様々なワイングラスの是非賛否 | Comments(0)