NO 46 <料理とワインとグラスのマリアージュ>

鶏胸肉とモモ肉の塩焼(赤ワイン浸け) &
2013 BOURGOGNE PASSETOURGRAIN "a minima"
/ Domaine TRAPET(16℃) &
和吉グラス【T-340】
自宅にて…
d0351396_21072080.jpg


冷凍庫にあった鶏肉を解凍して、少量のパストゥグランを揉みこみ、1時間ほど置いてから水分をしっかり拭き取ってサラダ油で焼きました。白ワインを飲む時は白ワインで漬け込む必要はありませんが、赤ワインを飲みたい時は便利な調理法です。
ピノノワール種50%、ガメ種50%。ピノノワールは風船形グラスですが、ガメ種が入ると樽形に引っ張られます。ガメがピノノワールよりパワフルな品種だからです(詳細は和吉グラスのホームページをご参照ください)。舌触りも喉越しもとても滑らかなトラペさんのワインは最廉価のこのワインも同じです。色合いからは想像出来ない目の詰まった充実感で、心地よい青苦さもトラペさん共通の美味しい個性です。"アミニマ"とは「健全なブドウを育てれば "最低限"のお手伝いをするだけで、ブドウは素晴らしいワインに姿を変える」と仰るトラペさんの哲学でもあります。

和吉グラス ホームページ http://wakichi-koubou.com/
[PR]
by wakichi-koubou | 2016-03-12 21:03 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)