NO 92 <料理とワインとグラスのマリアージュ>

花振るいが多く、成長がゆっくり進んだ2013年。濃密でリッチな年ですが 容量が500mlを超えるワイングラスや付け脚製法のグラスでは、綺麗な酸味が減衰して重たいヴィンテージに感じるでしょう。和吉グラスは最後の一口までフラットな香味バランスが崩れず、まだ何年も楽しめる体力を備えていることが判ります。

和吉板で丁寧に注ぐと 綺麗な酒石の周りにクリーム状の澱が僅かに残りますが、普通はワインに混ざってしまい微妙に味わいを濁しています。
d0351396_11210501.jpg

栗のような甘い香りの #シュタットシンケン さんの焼豚と トウモロコシのような甘い香りの山形鶴岡のダダチャ豆。三位一体のマリアージュです。

焼豚とだだちゃ豆
2013 POUILLY-FUISSE, LA ROCHE #manciatponcet
和吉グラス【T-340】



[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-06 06:17 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)