<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウィスキー比較

ラフロイグ10年、1本は一般流通ボトルで、もう1本は蒸留所から持ち帰られたボトル。この2本を和吉グラス【SPIRITS】で比較するとまるで違うウィスキーのように感じます。


ボウモア 23年 1989 ポートカスク マチュアードを和吉グラス【SPIRITS】と国際規格テイスティンググラスで比較すると、この比較もまるで違うウィスキーのように感じます。

d0351396_07124322.jpg

何れも沢山飲める方が良いものです。 #BARアイラ島銀座 さんで体験していただけます。



※ 和吉グラス【SPIRITS】の詳細
https://wakichi.exblog.jp/22932154/
※ 和吉グラスオンラインショップ

http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-21 07:13 | コラム | Comments(0)

鶏モモ肉に塩胡椒し焼き目をつけ、ニンニク、ネギ、椎茸を炒め合わせ、白菜と水少々とお醤油を入れひと煮立ちで出来上がり!

d0351396_13540186.jpg

ワインは ニュイサンジョルジュ1級畑, レシェニョ(2008年 アンリグージュ作)。20年近く掛けて100%ビオロジックに移行した年で、還元香は殆ど感じません。ブドウが熟し切れず、硬さが残りがちなヴィンテージでもありますが、緊張感を保ちながら張り詰めた酸味が和らぐ理想の熟成です。地下セラーであればまだまだ将来楽しめるでしょう。


ワイングラスは風船形の【F-400】。ブルゴーニュルージュでも1級畑レシェニョでも同じグラスです。


ビン底に固まってくれる澱と、フワフワ舞いやすい澱がありますが、和吉板で丁寧に注げば、ここまで澄んだ状態で味わえます。最後の写真はボトル内に残した澱40mほどを全てグラスに移した様子です。

d0351396_13551012.jpg
d0351396_13563306.jpg

#鶏モモ肉のすき焼き風

&

2008 NUITS-SAINT-GEORGES 1ER CRU, LES CHAIGNOTS / DOMAINE #henrigouges
&
和吉グラス【F-400】



※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-12 05:50 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ドメーヌのセラーの匂いプンプンで、他の生産者と比べても群を抜いて旨いパストゥグランです。酒質がとても強いですが、抜栓1時間前程で柔らかくなってきます。杯が進むほどに深まる変化は高級酒並です。
d0351396_11245993.jpg
初めて和吉グラスで飲むワインなので樽形と風船形で比較確認…

和吉グラスの場合、香りが濃厚だと味も濃厚です。そして、濃厚に感じるグラスの方がワインの温度感が低く感じます。このワインの場合は樽形です。ワインをより美味しく味わえるグラスの選択はとても簡単です。まだ新しい2015年ヴィンテージですが、澱も酒石もあります。
d0351396_11235682.jpg
d0351396_11270752.jpg


合わせた料理はチーズ納豆オムレツ。スッキリ サッパリ系のリンゴ酸豊かな白ワイン以外であれば、多くのワインのアテにも出来て便利です。


#チーズ納豆オムレツ
&
2015 BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN / DOMAINE #fonatainegagnard
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/

[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-07 05:17 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

通常のシュールリーは 8ヶ月熟成ですが、このスペシャルキュヴェは 36ヶ月! オーペミオン区画の高樹齢ブドウだけを更に厳選して仕込む希少なミュスカデです。バナナやメロンの果実香がプンプンですが、もちろんそれらのフルーツが入っているわけではありません。ミネラル感についても同様で、土壌のミネラル組成が反映されているかいないかは別に、凄いミネラルを感じるミュスカデです。

d0351396_13570958.jpg

前回カキフライに合わせた 2012 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN BLANC / A.C BORDEAUX と違い、ミュスカデには樽風味が無いので、かなりスッキリと食が進みます。今回も、レモンもタルタルソースも欲しくならないのは、36ヵ月熟成による強い旨味がワインにあるからで、一般的なシュールリーでここまでのマリアージュは難しいかもしれません。


グラスは風船形の【F-400】です。このミュスカデならではの凝縮感豊かな果実香と旨味がしっかり伝わってきます。


#牡蛎フライ &

2012 MUSCADET SEVRE ET MAINE, MONNIERES-SAINT FIACRE / DOMAINE DES #hautspemions &
和吉グラス【F-400】



※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-05 05:48 | Comments(0)