<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

#トリップ アラモード
2016 BERGERIE DE L'HORTUS CLASSIQUE BLANC
IGP VAL DE MONTFERRAND SAINT GUILHEM LE DÉSERT & 和吉グラス【T-340】#lhortus

#銀座誠 さんからお裾分けしていただいたトリップ アラモード。野菜の旨味が染み込んで、トリップ(ハチノス)臭さなど全く無い美味しい煮込み料理です。これにガーリックトーストを添えると、ワインも料理も更に美味しいマリアージュになります。この時のガーリックトーストは、バターではなくオリーヴオイルを使います。
d0351396_07545456.jpg
ワインは、2016 ベルジュリードロルチュ白。夏の気温が 2015年よりも高かった年ですが、ソーヴィニヨンブランの清涼感とフルーティーさがとても美味しく溶け込んでいます。夏野菜が旬のこれからの時期に一番活躍するワインです。










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-06-27 05:53 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#オクラの豚バラ肉巻き
2016 TERRASSES DE GUILHEM, CHARDONNAY
#moulindegassac & 和吉グラス【T-340】

地中海の陽光ばかり感じるワインを「ラングドックらしいテロワール」と評価される方もいらっしゃいますが、アルコール過多の清涼感に欠けるワインは飲み飽きます。私にとっては、沢山食べられて沢山飲めるものが良いワインの基準です。そしてその清涼感をしっかりと伝えられるワイングラスが良いワイングラスです。
d0351396_08145654.jpg

今日はオクラの豚バラ肉巻きに合わせました。食べる直前にレモンを搾るとワインもグッと美味しくなります。同じシャルドネでも本家のブルゴーニュ産ではこうなりません。レストラン等で、オリーヴオイルやレモンを使ったお料理にブルゴーニュのシャルドネを供される事が度々ありますが、マリアージュとペアリングは違うものだと常々感じます。










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-06-14 05:13 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#ナスの素揚げ
VIN MOUSSEUX ROYAL ROYET BRUT ROSÉ
/ DOMAINE #royet & 和吉グラス【T-340】

ガメ70% ピノノワール30%、3日間漬け込んできれいなロゼ色のフレッシュでフルーティーな泡に仕上がっています。ロゼの泡にはしっかりした高級感よりもこの位のジュース感の方が単純に美味しくて好きです。ガス(泡)の抜け難い和吉グラス【T-340】はこのフレッシュさが長時間持続します。
d0351396_07355605.jpg

山形産 丸ナスのトロッとした舌触りとムスーのシュワシュワが何とも言えない美味しさです。ナスの皮は硬くて口に残りますが、よく噛むととても美味しいので外すのは勿体ないです。










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-06-13 05:33 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#ミートローフ #スペアリブ
2016 BOURGOGNE CHARDONNAY / DOMAINE #royet &
和吉グラス【T-340】

ミートローフとスペアリブに合わせてロワイエさんのシャルドネを開けました。タンク醸造ですので、ヴァニラの甘い香りが無く、料理の邪魔をしません。スッキリしたシャルドネですが、乳酸発酵しているので、酸味は柔らかく、醤油や味噌、麹を使った料理に合わせる白ワインとして重宝です。
d0351396_08424989.jpg
ブルゴーニュ地方産の白ワインを風船形のグラスで飲むと味わいが締まりません。その為、ワインを冷やし過ぎてしまっている光景をよく目にしますが、冷やし過ぎはワインに大きなダメージを与えてしまいます。つい先日も同じ光景をテレビで観ました。ブルゴーニュの白には大き過ぎない樽形のグラスをお薦めします。









[PR]
by wakichi-koubou | 2018-06-11 05:40 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)