タグ:和吉グラス【F-400】 ( 34 ) タグの人気記事

総酸度 8.0g/l、アルコール 10.94%。四半世紀前までのロワールのようなデータですが、南西部ガスコーニュ地方でもスペインに近い産地です。ソーヴィニヨンブランに並ぶ爽快感ですが、僅かに苦さを伴った綺麗なリンゴ酸は近年のワインに無い心地良さです。これほどの高酸度且つ底アルコールですから、樽形グラスではシャバシャバで酸っぱいだけのワインになってしまいますが、ボルドータイプのボトルに入ってスッキリした味わいから、ボルドー(樽形)グラスを選択する人が多いのではないでしょうか? 「好きな器で飲めばよい… は 損をする」が解る絶好のワインでもあります。
d0351396_11554375.jpg

同産地のカスレを連想して、白菜と豚ロース肉の #トマト鍋 を合わせてみたのですがこのワインはバター派のようで、オリーヴオイルが合うこの料理とはマリアージュしません。急遽ラングドックを開けました (笑)
d0351396_11562354.jpg

ワイングラスは風船形【F-400】。
< 2017 LE FAVORI DE GASCOGNE / PLAIMONT PRODUCTUERE >

※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










by wakichi-koubou | 2019-02-17 12:02 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

#蒸し鶏 はどんなワインとも合わなくはないですが、一工夫した付け合わせを仲人役にする事でとても美味しくなります。有り合わせの野菜を少量のバターとニンニクで炒めると赤ワインがグッと相乗します。今日は舞茸、白菜、ほうれん草。酸味も塩味も強いピノワールに旨味と甘味が増して、飲むペースも加速します。ワイングラスは風船形【F-400】。< 2016 BOURGOGNE PINOT NOIR / DOMAINE ROYET >

d0351396_11165579.jpg


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











by wakichi-koubou | 2019-02-10 11:19 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
和吉グラス【F-400】は、プイフュメの魅力である緑の柑橘風味とフリンティーさをしっかり感じ取る事が出来、ミネラル感豊かなこのアペラシオンの力強い一面も逃しません。火打石を打った時の硝煙香は、ワインの実力は勿論、グラスの実力にも左右される香り要素です。
d0351396_10072505.jpg
2014 POUILLY-FUME, VIEILLES VIGNES / REGIS MINET











by wakichi-koubou | 2019-02-03 10:16 | Comments(0)
初めて抜群のコンディションでいただいたDRC。和吉グラスでいただいたのも初めてです。決して濃いタイプではないアペラシオンですが、このワインの濃密さは別格、そして格別です。和吉グラスから伝わる強烈な情報量は、やはり特別な存在であることを雄弁に語っているかのようです。
d0351396_15084584.jpg










by wakichi-koubou | 2018-07-05 05:05 | Comments(0)
#天ぷら
2016 CHATEAU #lestrille / A.C ENTRE DEUX MERS & 和吉グラス【F-400】

広島の山奥から届いた旬の恵み。全て天ぷらにしていただきました。こしあぶら、こごみ、うど は勿論、アスパラまで野性的で目が覚めます。
d0351396_08135214.jpg
ワインはシャトーレストリーユ。柑橘の香りとすっきりした酸味は天ぷらにぴったり。クラシックなプイイフュメでも美味しそうです。この時期ならではのご馳走です。 #オゾタグローワーズ さんからお取り寄せ出来ます。


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










by wakichi-koubou | 2018-05-08 05:08 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ヤリイカをフライパンで焼いてから醤油数滴とレモンを絞って。ミュスカデなので炒め油は少量のバターを使ってます。オリーヴオイルを使ったら、ラングドック地方の白が美味しいです。
d0351396_13345025.jpg
2016年ヴィンテージのフランスの白ワインは白ブドウの果実味がとてもフレッシュです。オーペミオンのミュスカデもシュワッと溌剌。グラスは風船形の【F-400】。

#イカ焼き
&
2016 MUSCADET SEVRE ET MAINE, SUR LIE / DOMAINE #hautspemions
&
和吉グラス【F-400】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/
※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/










by wakichi-koubou | 2018-05-02 05:32 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

料理は、魚グリルで焦げないように焼いただけの薄揚げですが、冷めてもサクサク。油の感じがワインに丁度良く、調味料を替えれば色々なワインのアテになります。今日は甘めのお醤油を数滴…

d0351396_13524629.jpg

合わせたワインは、ブルゴーニュピノノワール / シャトードラヴェル。今とにかく美味しい 2012年ヴィンテージです。旨味がギュ~ッと集束しています。この集束感は大切です。グラスによっては緩んだ印象になってしまいます。


#薄揚げのサクサク焼き
&
2012 BOURGOGNE PINOT NOIR #chateaudelavelle
&
和吉グラス【F-400】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











by wakichi-koubou | 2018-04-11 06:26 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

鶏モモ肉に塩胡椒し焼き目をつけ、ニンニク、ネギ、椎茸を炒め合わせ、白菜と水少々とお醤油を入れひと煮立ちで出来上がり!

d0351396_13540186.jpg

ワインは ニュイサンジョルジュ1級畑, レシェニョ(2008年 アンリグージュ作)。20年近く掛けて100%ビオロジックに移行した年で、還元香は殆ど感じません。ブドウが熟し切れず、硬さが残りがちなヴィンテージでもありますが、緊張感を保ちながら張り詰めた酸味が和らぐ理想の熟成です。地下セラーであればまだまだ将来楽しめるでしょう。


ワイングラスは風船形の【F-400】。ブルゴーニュルージュでも1級畑レシェニョでも同じグラスです。


ビン底に固まってくれる澱と、フワフワ舞いやすい澱がありますが、和吉板で丁寧に注げば、ここまで澄んだ状態で味わえます。最後の写真はボトル内に残した澱40mほどを全てグラスに移した様子です。

d0351396_13551012.jpg
d0351396_13563306.jpg

#鶏モモ肉のすき焼き風

&

2008 NUITS-SAINT-GEORGES 1ER CRU, LES CHAIGNOTS / DOMAINE #henrigouges
&
和吉グラス【F-400】



※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











by wakichi-koubou | 2018-03-12 05:50 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

[その12] 清楚なままで…

今晩は、愛しのブルゴーニュピノノワール。化粧気の無い清楚な旨味に魅せられています。久し振りに他社製のグラスと並べてみました。
d0351396_14393384.jpg

このピノノワールはヴォルネー村産です。植樹は1990年。自然酵母で、琺瑯タンクと旧樽で醸造されている為、ヴァニラ香が殆ど無い純粋なピノノワールを味わえます。また、降雨不足だったことがプラスになり、全体は清楚ですが、時間と共に凝縮する旨味と粘土っぽさを感じる事が出来るお買い得ワインです。
d0351396_14402662.jpg
どちらのグラスにも約90ml注いでいますが、グラスを通過する光の屈折により、色合いもまるで別のワインです。この2脚の比較の場合、香りも味も色合い通りに感じるのは、視覚的な影響もあるかもしれません。
d0351396_14413192.jpg
グラスに残った最後の一口は、ワインの味わいが最も崩れている状態です。ワインを注いだばかりの感想よりも、この一口の飲み比べの方がグラスの性能は正確に判断出来るでしょう。特に「清楚」なワインは、酸っぱ渋い「貧弱」な香味に変化してしまうグラスが多いと思います。

※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/













by wakichi-koubou | 2018-02-13 05:33 | 様々なワイングラスの是非賛否 | Comments(0)
外食でもブルゴーニュの赤を飲む機会が多い季節、やはりワインを美味しく飲む為のグラスは どんなに大きくても500mlまでだと感じるこの頃です…

樽香が強すぎないブルゴーニュの赤と焼いた鶏肉は鉄板ですが、ニンニクを使った付け合わせを添えると更に美味しいです。今日は長ネギ、長芋、シメジのバターソテー。
d0351396_13321109.jpg

和吉板で丁寧に注ぐと 白濁する澱と黒い小さな澱がビン底に残ります。量は僅か10ml程度ですがこれがワインに混ざると最高の味わいにはなりません。
d0351396_13331566.jpg
d0351396_13335814.jpg

#鶏モモ肉のソテー
2013 BOURGOGNE ROUGE / Monthelie-Douhairet #porcheret


※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










by wakichi-koubou | 2017-12-15 06:30 | 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)