タグ:和吉グラス【T-340】 ( 70 ) タグの人気記事

牛肉の切り落としをニンニクスライスと炒めて、味付けは塩とちょっと甘い醤油のみ。
d0351396_17474213.jpg
ワインは、収穫から10年を過ぎてもまだまだ美味しい熟成を続けている定価2,700円のボルドー、シャトーレストリーユ キャプマルタン 2007。体重増加を気にしなければ、1kgでも食べられそうなマリアージュ。

#焼肉
&
2007 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN
#lestrille
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-04-17 05:45 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

乳酸発酵しているとは思えない、紅玉のような酸味と果実味が美味しいトリシェさんのシャンパーニュ。このブランドノワールの力強さは、樽形グラス【T-340】でなければ味わえませんが、風船形の【F-400】で飲むソフトな輪郭と少し甘味が増す果実味も美味しいです。

d0351396_16555211.jpg
d0351396_16564535.jpg

合わせた料理は「豆腐のムニエル」。ニンニクを一緒に焼いて、最後に醤油を少々。シャンパーニュ全般とブルゴーニュの白ワインにも合わせられる料理です。


#豆腐のムニエル
&
CHAMPAGNE BRUT BLANC DE NOIRS, GRAND CRU #trichetdidider
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-04-09 05:52 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ドメーヌのセラーの匂いプンプンで、他の生産者と比べても群を抜いて旨いパストゥグランです。酒質がとても強いですが、抜栓1時間前程で柔らかくなってきます。杯が進むほどに深まる変化は高級酒並です。
d0351396_11245993.jpg
初めて和吉グラスで飲むワインなので樽形と風船形で比較確認…

和吉グラスの場合、香りが濃厚だと味も濃厚です。そして、濃厚に感じるグラスの方がワインの温度感が低く感じます。このワインの場合は樽形です。ワインをより美味しく味わえるグラスの選択はとても簡単です。まだ新しい2015年ヴィンテージですが、澱も酒石もあります。
d0351396_11235682.jpg
d0351396_11270752.jpg


合わせた料理はチーズ納豆オムレツ。スッキリ サッパリ系のリンゴ酸豊かな白ワイン以外であれば、多くのワインのアテにも出来て便利です。


#チーズ納豆オムレツ
&
2015 BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN / DOMAINE #fonatainegagnard
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/

[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-07 05:17 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#湯豆腐 &
2014 BOURGOGNE ALIGOTE #chateaudelavelle &
和吉グラス【T-340】

この2014年は特に忘れられないヴィンテージになりそうです。生産者の言う「完璧なバランス」とは、醸造技術の自賛ではなく、天候とブドウ品種の相性に他なりませんが、そこに営む彼らの長い経験があってこそです。

湯豆腐にホウレンソウとピーラーでスライスした大根、少量の豚バラ肉を入れました。小皿に取ってから極少量のバターを溶かして醤油を垂らします。特にホウレンソウと醤油バターの相性は抜群で、ブルゴーニュの白ワインともご機嫌です。特に樽香を強く付けていないアリゴテは、このシンプルな味付けを更に美味しく引き立てます。
d0351396_15145902.jpg

風船形グラスに注ぐと甘い香りが増しますが、全体的に少し水っぽくなります。樽形グラスでは、味のピントが明確で、香りはグラスの中で煙っているようです。


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-02-02 06:13 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

#牡蛎のムニエル &
2015 PETIT CHABLIS #alainmathias &
和吉グラス【T-340】


コートドールのようなコクのあるワインに、レモンを搾る生牡蛎は浮かびません。これは代表的な未更新のセオリーですが、未だに一部では語り継がれています。今日は牡蛎と蕪をムニエルにしました。エスカルゴバターがあると良いですが、ニンニクとバターだけでも充分美味しいです。

d0351396_17470611.jpg

ワイングラスについて…
コートドールの白ワインが乳酸発酵していない年があったり、シャブリが乳酸発酵していない年の方が多かった30年以上前は、風船形グラスでも良かったかもしれませんが、毎年 乳酸発酵を得て(例外年有り)小樽熟成させる近年のブルゴーニュの白ワインは、樽形グラスでなければそのコクばかりが強調されてしまいます。

ワインに合うお料理もグラスも時代と共にゆっくり変化しています。



※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-31 06:42 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#白菜のバター蒸し &
2014 MORGON, VIEILLES VIGNES #guybreton &
和吉グラス【T-340】

縦に切った白菜を鍋に並べて、少量のバターを入れ蓋をして加熱。白菜から出る水分とバターだけで蒸したシンプルな料理。南仏以外の多くのフランスワインに合わせられます。
d0351396_18161196.jpg

抜栓直後の2014年モルゴンは、ガメ種のパワフルさに覆われていますが、2時間ほどすると まろやかなガメの一面が湧いてきます。和吉グラス【T-340】はその両方をはっきり味わえます。

ボトルに残したワインはほぼ澱だけの為、グラスに移して光度の高いライトをかざしても光が見えないほどです。
d0351396_18172326.jpg

d0351396_18181382.jpg


※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-22 06:18 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#牡蛎フライ &
2012 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN BLANC / A.C BORDEAUX &
和吉グラス【T-340】

レモンもタルタルソースもこのワインには必要ありませんでした。濃厚な牡蛎の旨味と衣の香ばしさが更に引き立ち、ワインにも甘味が増す幸せなマリアージュです。
d0351396_09472031.jpg
美味しい適温は 12℃、グラスは樽形。A.C アントルドゥーメールのレストリーユの適温は 9℃、グラスは風船形ですから、乳酸発酵の有無だけではそのワインに適したグラスの選択は難しいです。#lestrille


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-17 05:43 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
湯豆腐に野菜を加えて醤油少々、あっさりした美味しい鍋です。酸味も渋味も穏やかで、ダシの邪魔をしないワインが欲しい時にギレムのピノノワールはとても便利です。バターや黒コショウ等のトッピングをしなくても大丈夫です。
d0351396_18583459.jpg
白く混濁する澱と黒い砂状の澱は廉価なデイリーワインにもあります。この澱がグラスに入ると香りも味も濁ってしまいます。
d0351396_18594171.jpg

d0351396_19004622.jpg

#湯豆腐 +野菜鍋
2014 TERRASSES DE GUILHEM, PINOT NOIR #moulindegassac & 和吉グラス【T-340】










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-11-06 22:01 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

この年はメルロー種100%、ねっとりした肉厚な果実味にもようやく熟成感が出始めました。赤身部の旨味がしっかりしている牛肉は、ローヌでもブルゴーニュでも美味しいですが、ボルドー以上の相性にはなりません。レフォール(西洋山葵)、黒コショウ、タレ、何れも引き立て合います。先日、某レストランにて容量800mlを超える「ボルドー」と呼ばれるグラスでこのワインを飲みましたが、味の輪郭が淡く 熟成が進んだ精力に欠ける印象でした。大きなグラスは見た目のゴージャス感とは異なり、味は薄くボヤけた印象になる傾向があります。





d0351396_10483236.jpg
#ローストビーフ
2010 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN / A.C BORDEAUX SUPERIEUR
#chateaulestrille
和吉グラス【T-340











[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-22 05:49 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

ムルソーの1級 LES CHARMES の東、LES BASSES GOUTTES のアリゴテ。発酵も熟成もステンレスタンクとは思えない柔らかさとふくよかさで、たっぷりした旨味と高級感すらあります。

ミネラル感豊かなブルゴーニュの白は、生姜ととても良く合います。ソーセージは生姜をたっぷり練り込んだシュタットシンケンさんのイングワブルスト。付け合わせの茹でたジャガイモは、少量のバターを乗せてレンジで再加熱。これがマリアージュを更に引き立てます。

d0351396_11470303.jpg

まだ新しい2014年の白(アリゴテ)ですが、極小の澱と結晶化し始めた酒石が有ります。この程度はグラスに混ざっても大きな影響はありませんが、この部分だけを口にすると美味しくはありません。どんなワインも丁寧に扱い、ワインの状態を常に知っておく為にも和吉板は必需品です。

d0351396_11483620.jpg

#ソーセージ
2014 BOURGOGNE ALIGOTE #chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/
※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y













[PR]
by wakichi-koubou | 2017-09-11 06:00 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)