人気ブログランキング |

タグ:白 Cタイプ ( 17 ) タグの人気記事

和吉グラスの使い分け

左側の樽形グラス【T-340】は、乳酸発酵している白ワイン。右側の風船形グラス【F-400】は、乳酸発酵していない白ワインに適しています(注:世間一般の認識とは異なります)。これは基本的な和吉グラスの使い分け方ですが、例外はあります。このワインは乳酸発酵させないラングドック地方(南仏)の白ワインですが、左側の樽形グラス【T-340】の方が ※香りも味もより複雑で温度感もヒンヤリと感じます。飲み親しんでいるワインでもヴィンテージが新しくなったり、初めて味わうワインの場合は、両方のグラスで比較してみてください。風評や固定観念を忘れて上記の部で判断することが要です。

d0351396_08595380.jpg

アスパラガスが美味しい季節。塩茹でして、オリーヴオイルをたっぷりかけるとこのワインが更に美味しくなります。

ワイン:2017 GUILHEM BLANC / MOULIN DE GASSAC









by wakichi-koubou | 2019-06-09 09:08 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
#豆腐のサラダ
2016 TERRASSES DE GUILHEM. CHARDONNAY
#moulindegassac & 和吉グラス【T-340】

一口大に切った豆腐、キュウリ、トマトにたっぷり薬味(ミョウガ、大葉、ネギ)をかけて、味付けはたっぷりのオリーヴオイルと塩だけのさっぱりした夏のサラダ。テラスドギレムが進みます。一年中美味しいワインですが、特にあっさりと食べたいこの時期、オリーヴオイルを使える料理とテラスドギレムは食欲増進です。
d0351396_07405029.jpg
美味しい適温は9℃。ブルゴーニュのシャルドネを12℃未満に冷やしたら味わいは崩れてしまいますので、冷たいシャルドネを飲みたい時にもこのワインに限ります。乳酸発酵していませんが、ワイングラスは樽形【T-340】です。










by wakichi-koubou | 2018-07-11 05:37 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
#トリップ アラモード
2016 BERGERIE DE L'HORTUS CLASSIQUE BLANC
IGP VAL DE MONTFERRAND SAINT GUILHEM LE DÉSERT & 和吉グラス【T-340】#lhortus

#銀座誠 さんからお裾分けしていただいたトリップ アラモード。野菜の旨味が染み込んで、トリップ(ハチノス)臭さなど全く無い美味しい煮込み料理です。これにガーリックトーストを添えると、ワインも料理も更に美味しいマリアージュになります。この時のガーリックトーストは、バターではなくオリーヴオイルを使います。
d0351396_07545456.jpg
ワインは、2016 ベルジュリードロルチュ白。夏の気温が 2015年よりも高かった年ですが、ソーヴィニヨンブランの清涼感とフルーティーさがとても美味しく溶け込んでいます。夏野菜が旬のこれからの時期に一番活躍するワインです。










by wakichi-koubou | 2018-06-27 05:53 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
#オクラの豚バラ肉巻き
2016 TERRASSES DE GUILHEM, CHARDONNAY
#moulindegassac & 和吉グラス【T-340】

地中海の陽光ばかり感じるワインを「ラングドックらしいテロワール」と評価される方もいらっしゃいますが、アルコール過多の清涼感に欠けるワインは飲み飽きます。私にとっては、沢山食べられて沢山飲めるものが良いワインの基準です。そしてその清涼感をしっかりと伝えられるワイングラスが良いワイングラスです。
d0351396_08145654.jpg

今日はオクラの豚バラ肉巻きに合わせました。食べる直前にレモンを搾るとワインもグッと美味しくなります。同じシャルドネでも本家のブルゴーニュ産ではこうなりません。レストラン等で、オリーヴオイルやレモンを使ったお料理にブルゴーニュのシャルドネを供される事が度々ありますが、マリアージュとペアリングは違うものだと常々感じます。










by wakichi-koubou | 2018-06-14 05:13 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
#バーベキュー
2016 TERRASSES DE GUILHEM, CHARDONNA
#moulindegassac & 和吉グラス【T-340】

塩だけでも美味しい炭焼ですが、ワインに合った油を添えると、更に美味しいです。わが家のBBQは野菜がメイン。塩とオリーヴオイルとラングドックの白。ワイングラスは樽形の【T-340】。
d0351396_08063331.jpg











by wakichi-koubou | 2018-05-28 05:03 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
#新玉葱と黄色ピーマンと厚揚げの塩炒め
2014 PICPEUL DE PINET #moulindegassac & 和吉グラス【T-340】

少量のオリーヴオイルで材料(+ニンニク少々)を炒めて塩するだけです。厚揚げが肉の代役で、黄色ピーマンとオリーヴオイルがラングドックを連想します。
d0351396_08084268.jpg

リリース当時は南のミュスカデのようなシャープな印象だったピクプールドピネですが、今はトロピカルフルーツ満載で南仏の太陽を想わせます。デイリーなワインですが、こう言う多面性を味わえて感心です。湿度がまだ低いこの夏日にアウトドアに持ち出したいワインです。


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










by wakichi-koubou | 2018-05-03 08:14 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
4/25はオリーヴオイルで炒めてテラスドギレム白と。4/27はバターで炒めてアリゴテと。使う油(脂)を替えれば料理の味は変わりますが、ワインの味も変わります。食材、調味料、料理法、マリアージュを一番左右するのは調味料です。
d0351396_07350636.jpg
d0351396_07360984.jpg
乳酸菌発酵していないラングドック地方の白テラスドギレムと、乳酸菌発酵しているブルゴーニュ地方の白アリゴテは全く異なるタイプのワインですが、香味バランスが調うグラスは、形も大きさも同じ【T-340】です。

筍と豚肉の炒めもの
2015 TERRASSES DE GUILHEM BLANC
#moulindegassac
2014 BOURGOGNE ALIGOTE
#chateaudelavelle
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスホームページ http://wakichi-koubou.com/
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/












by wakichi-koubou | 2017-04-29 07:38 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
鯛とホタテのオーブン焼き アンチョビバター風味
& 2015 SUZANNE BLANC, IGP VAUCLUSE / Domaine des AMOURIERS
& 和吉グラス【T-340】

アンチョビバターはローヌ地方の白も赤も美味しくなる合わせ調味料です。合わせていただいたのは 2015 スザンヌ白 IGPヴォークリューズ / ドメーヌ デ ザムリエ。
d0351396_08414954.jpg
セパージュの50%を占めるブドウ品種ヴェルメンティーノは、トロリとしたアルコールの甘旨味と軽快なトロピカルさが長所ですが、「トロリ」と「軽快」をバランス良く備えたワインも、そのバランスを正しく味わえるグラスも多くありません。ヴェルメンティーノのようなはっきりした個性のカジュアルな品種ほど、グラスの味覚的性能が露呈します。多くの場合「トロリ」が強調され、杯の進まない南産白ワインのありがちな評価に落ち着いてしまいます。長期熟成した高級白ワインも、若い南産のカジュアルな白ワインも、健全な状態の味わいは生ブドウの清涼感を僅かながらにも持っています。南産白ワインの人気が上がらない理由の一つは、ワイングラスの性能かもしれません。 2017.1.6 「Wine Bar & Resteaurant Bouteille」さんにて。










by wakichi-koubou | 2017-01-09 08:27 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
自家製ラタトゥイユ
& 2014 ピクプール ド ピネ / ムーラン ド ガサック
& 和吉グラス【T-340】(10℃)

黄ズッキーニ、アスパラ、玉ねぎ、プチトマト、豚バラ、ニンニクは冷蔵庫にあったもの。炒めて仕上げにエルヴドプロバンス。お皿に盛ってからオリーヴオイルをかけたラタトゥイユもどきです。ピクプールドピネはまだ微炭酸を含んで「爽快なテラスドギレム」!これからの夏本番にも美味しい白です。
d0351396_07443039.jpg

このワインを自宅で和吉グラスでゆっくり味わうのは初めてです。僅かなガスを捉えることが出来るので、ホロ苦さが心地よく、南仏産でも清涼感が増して感じます。










by wakichi-koubou | 2016-07-04 06:58 | 料理とワインとグラスのマリアージュ
キャロットラぺ &
2014 PICPOUL DE PINET / MOULIN DE GASSAC &
和吉グラス【T-340】(9℃)

キャロットラぺ、フランスならどこのスーパーでも売っているお惣菜。誰でも作れるような簡単料理ですが、どんぶりでも食べられそうな美味しい味付けはかなり難しいです。味付けに使う調味料からも、このワインのためにあるようなオツマミで飲み過ぎ注意です。
d0351396_21235218.jpg
プクプ-ルドピネは南仏で最も清涼感のあるワインですが、ワイングラスによってはその涼しさが全く伝わってこないものもあります。このエリアの白ワインであれば、9℃以下に冷やしても温く感じる場合は、ワインの鮮度またはグラスの選択に問題があるかもしれません。

<2016.05.23>ガンゲット ラ シェーヴルさんにて。










by wakichi-koubou | 2016-05-24 21:21 | 料理とワインとグラスのマリアージュ