牛肉の切り落としをニンニクスライスと炒めて、味付けは塩とちょっと甘い醤油のみ。
d0351396_17474213.jpg
ワインは、収穫から10年を過ぎてもまだまだ美味しい熟成を続けている定価2,700円のボルドー、シャトーレストリーユ キャプマルタン 2007。体重増加を気にしなければ、1kgでも食べられそうなマリアージュ。

#焼肉
&
2007 CHATEAU LESTRILLE CAPMARTIN
#lestrille
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-04-17 05:45 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

料理は、魚グリルで焦げないように焼いただけの薄揚げですが、冷めてもサクサク。油の感じがワインに丁度良く、調味料を替えれば色々なワインのアテになります。今日は甘めのお醤油を数滴…

d0351396_13524629.jpg

合わせたワインは、ブルゴーニュピノノワール / シャトードラヴェル。今とにかく美味しい 2012年ヴィンテージです。旨味がギュ~ッと集束しています。この集束感は大切です。グラスによっては緩んだ印象になってしまいます。


#薄揚げのサクサク焼き
&
2012 BOURGOGNE PINOT NOIR #chateaudelavelle
&
和吉グラス【F-400】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-04-11 06:26 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

06 エシェゾーと和吉板

重い澱がビン底に溜まり、ビン口に向かおうとする軽い澱と白濁した澱だけを残せているのがとてもよく見える写真です。濁った部分はこれらの澱を含めて20mlもありません。和吉板を使うととても楽にここまできれいに注ぎ切ることが出来ます。濁る直前の澄んだワインと濁った部分の味は雲泥の差です。

d0351396_11040758.jpeg

落ち着いた熟成感と漲るエネルギーが詰まった2006年ヴィンテージ。和吉グラス【F-400】に注ぎ始めた瞬間からその香りが部屋中に広がり歓声が上がります。幾つもの条件が整わなければ経験出来ない珠玉の味わいです。


2006 ECHEZEAUX GRAND CRU #emmanuelrouget



※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y

※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/












[PR]
by wakichi-koubou | 2018-04-03 05:58 | ■ 和吉板 と 澱 | Comments(0)

鶏モモ肉に塩胡椒し焼き目をつけ、ニンニク、ネギ、椎茸を炒め合わせ、白菜と水少々とお醤油を入れひと煮立ちで出来上がり!

d0351396_13540186.jpg

ワインは ニュイサンジョルジュ1級畑, レシェニョ(2008年 アンリグージュ作)。20年近く掛けて100%ビオロジックに移行した年で、還元香は殆ど感じません。ブドウが熟し切れず、硬さが残りがちなヴィンテージでもありますが、緊張感を保ちながら張り詰めた酸味が和らぐ理想の熟成です。地下セラーであればまだまだ将来楽しめるでしょう。


ワイングラスは風船形の【F-400】。ブルゴーニュルージュでも1級畑レシェニョでも同じグラスです。


ビン底に固まってくれる澱と、フワフワ舞いやすい澱がありますが、和吉板で丁寧に注げば、ここまで澄んだ状態で味わえます。最後の写真はボトル内に残した澱40mほどを全てグラスに移した様子です。

d0351396_13551012.jpg
d0351396_13563306.jpg

#鶏モモ肉のすき焼き風

&

2008 NUITS-SAINT-GEORGES 1ER CRU, LES CHAIGNOTS / DOMAINE #henrigouges
&
和吉グラス【F-400】



※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/











[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-12 05:50 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
ドメーヌのセラーの匂いプンプンで、他の生産者と比べても群を抜いて旨いパストゥグランです。酒質がとても強いですが、抜栓1時間前程で柔らかくなってきます。杯が進むほどに深まる変化は高級酒並です。
d0351396_11245993.jpg
初めて和吉グラスで飲むワインなので樽形と風船形で比較確認…

和吉グラスの場合、香りが濃厚だと味も濃厚です。そして、濃厚に感じるグラスの方がワインの温度感が低く感じます。このワインの場合は樽形です。ワインをより美味しく味わえるグラスの選択はとても簡単です。まだ新しい2015年ヴィンテージですが、澱も酒石もあります。
d0351396_11235682.jpg
d0351396_11270752.jpg


合わせた料理はチーズ納豆オムレツ。スッキリ サッパリ系のリンゴ酸豊かな白ワイン以外であれば、多くのワインのアテにも出来て便利です。


#チーズ納豆オムレツ
&
2015 BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN / DOMAINE #fonatainegagnard
&
和吉グラス【T-340】


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/

[PR]
by wakichi-koubou | 2018-03-07 05:17 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)

[その12] 清楚なままで…

今晩は、愛しのブルゴーニュピノノワール。化粧気の無い清楚な旨味に魅せられています。久し振りに他社製のグラスと並べてみました。
d0351396_14393384.jpg

このピノノワールはヴォルネー村産です。植樹は1990年。自然酵母で、琺瑯タンクと旧樽で醸造されている為、ヴァニラ香が殆ど無い純粋なピノノワールを味わえます。また、降雨不足だったことがプラスになり、全体は清楚ですが、時間と共に凝縮する旨味と粘土っぽさを感じる事が出来るお買い得ワインです。
d0351396_14402662.jpg
どちらのグラスにも約90ml注いでいますが、グラスを通過する光の屈折により、色合いもまるで別のワインです。この2脚の比較の場合、香りも味も色合い通りに感じるのは、視覚的な影響もあるかもしれません。
d0351396_14413192.jpg
グラスに残った最後の一口は、ワインの味わいが最も崩れている状態です。ワインを注いだばかりの感想よりも、この一口の飲み比べの方がグラスの性能は正確に判断出来るでしょう。特に「清楚」なワインは、酸っぱ渋い「貧弱」な香味に変化してしまうグラスが多いと思います。

※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/













[PR]
by wakichi-koubou | 2018-02-13 05:33 | ■ 様々なワイングラスの是非賛否 | Comments(0)
#白菜のバター蒸し &
2014 MORGON, VIEILLES VIGNES #guybreton &
和吉グラス【T-340】

縦に切った白菜を鍋に並べて、少量のバターを入れ蓋をして加熱。白菜から出る水分とバターだけで蒸したシンプルな料理。南仏以外の多くのフランスワインに合わせられます。
d0351396_18161196.jpg

抜栓直後の2014年モルゴンは、ガメ種のパワフルさに覆われていますが、2時間ほどすると まろやかなガメの一面が湧いてきます。和吉グラス【T-340】はその両方をはっきり味わえます。

ボトルに残したワインはほぼ澱だけの為、グラスに移して光度の高いライトをかざしても光が見えないほどです。
d0351396_18172326.jpg

d0351396_18181382.jpg


※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-22 06:18 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
#サバ缶料理 カレー風味 &
2015 COTES DU RHONE ROUGE / Domaine des #amouriers & 和吉グラス【T-340】

サバは軽い赤ワインを合わせ易い魚。カレーは甘めの白ワインを合わせ易いスパイス。バニュルスがあったら開けてみたいところ。今日はコートデュローヌにしてみました。水不足とは言え果実味たっぷりに纏まった2015年です。
d0351396_17405219.jpg

料理もワインもマイナス要素は出ませんが、カレー風味が強調されます。「カレー好きにお薦めのマリアージュです」なんてコメントが浮かびますが、これは面白いペアリングではありますが マリアージュとは言いません。旨味と甘味を増して感じるのがマリアージュです。コルクを戻して焼酎にしました。


※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2018-01-08 17:45 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
外食でもブルゴーニュの赤を飲む機会が多い季節、やはりワインを美味しく飲む為のグラスは どんなに大きくても500mlまでだと感じるこの頃です…

樽香が強すぎないブルゴーニュの赤と焼いた鶏肉は鉄板ですが、ニンニクを使った付け合わせを添えると更に美味しいです。今日は長ネギ、長芋、シメジのバターソテー。
d0351396_13321109.jpg

和吉板で丁寧に注ぐと 白濁する澱と黒い小さな澱がビン底に残ります。量は僅か10ml程度ですがこれがワインに混ざると最高の味わいにはなりません。
d0351396_13331566.jpg
d0351396_13335814.jpg

#鶏モモ肉のソテー
2013 BOURGOGNE ROUGE / Monthelie-Douhairet #porcheret


※ 和吉板の使い方動画 https://www.youtube.com/watch?v=J0JhxDSCl6Y
※ 和吉グラスオンラインショップ http://wakichi.thebase.in/










[PR]
by wakichi-koubou | 2017-12-15 06:30 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)
豚バラ肉と大根をゴマ油で炒めて塩だけであっさり味付け。殆どの赤ワインに合わせられる献立です。もう一品今日の湯豆腐は、鰹節、刻みネギ、生姜を醤油に浸して噐ごと鍋に入れます。温まると醤油の角が取れて美味しい付けタレになります。ピノノワールとも悪くない相性です。
d0351396_19190313.jpg
d0351396_19202781.jpg
アンリグージュさんのワインが濃厚だとはあまり耳にしませんが、和吉グラス【F-400】ではかなり複雑で重厚です。
d0351396_19211964.jpg
d0351396_19224067.jpg

白い澱のせいか、ボトルに残した数mlは薄いピンク色です。味も薄くて粉っぽいです。澱は「味のうち」ではありません。

#豚バラ肉と大根の炒め物
2008 BOURGOGNE ROUGE #henrigouges & 和吉グラス【F-400】









[PR]
by wakichi-koubou | 2017-11-13 19:30 | ■ 料理とワインとグラスのマリアージュ | Comments(0)